ハレルヤ通信(こども園便り)(11月)


ハ レ ル ヤ 通 信 11月号♪

通信は以下のリンクからご覧になれます。

ハレルヤ通信(こども園便り)11月

****************

ファミリープレイデー・未満児プレイデーの行事、お楽しみいただけたでしょうか。園にとっては両行事とも、雨模様の天候にたたられ天気予報とにらめっこの毎日でした。それでも「終わりよければすべてよし」の言葉の通り、前者のファミリープレイデーは急遽園庭で行い大成功。

手狭で保護者の皆様にはご負担をおかけしてしまったかと内心心配していましたが、「より身近で子ども達の表情まで見られて良かった」との声も多く新しい場でのファミリープレイデーの道が開けたかと嬉しいプレゼントが与えられたことは感謝です。年少さんの遊戯は、年長さんが一緒に歌い手拍子で応援する中、一つになって本当に可愛かったですね。年中組のバルーンは、風が心配でしたが花火が上手に打ち上がり本当に良かったです。簡単そうだですが、それなりの技術が必要なのです。年長組のマスゲームは、皆が一つになって演技していることが伝わり心に迫るものがありました。リレーは速くても、遅くてもしっかり前を見て終わりまで走り通す姿はさすがです。「皆勝たせてやりたい!どの子も一番。」でした。ファミリープレイデーは一人ひとりの姿から目的意識をしっかり持って参加していることが感じられた感謝の1日となりました。

未満児プレイデーは、運悪く大学のシャロン祭の前日で頼りの体育館が押さえられず、ひらめいたのが小学校の体育館。駄目もとで電話を。4時間ぎっしり体育授業が入っていたのを移動してくださり無事お借りすることができました。これも最高の環境が与えられた中で無事終了できました。自己主張をしていても、泣いていても、どの子の演技も愛らしく、応援している私たちを笑顔にしてくれました。最高の天使達に拍手喝采です。

自分の力を精一杯に出し切ったこと、お家の方の沢山の応援や声援、何よりも喜こんでいただけたこと誉めていただけたことが一人ひとりの大きな自信や力に変わります。そしてその力が新しいことへの挑戦や明日への原動力になるのです。しっかり認めて抱きしめてあげてください。一人ひとりの明日にハレルヤです。

園長  白石 由紀子